白髪のメカニズム

増えないで!!どうして白髪は生えてくるの?白髪とは、一般的に身体の機能の老化が原因とされています。ですが、医学的には解明できていない部分も多く、予防することができないのです。白髪になるパターンは、数多くあります。
@髪の毛の生え変わり時に、加齢などで衰えたメラノサイト(色素形成細胞)が毛細細胞からなくなってしまってしまったことが原因で起こる。こちらは、年齢を重ねることによって起こるので、一般的な白髪です。
A成長期の途中で、加齢などによりメラノサイトの活動が衰え、徐々に色素が減少することによって起こる。こちらは、通称「若白髪」といわれているものです。
B病気などにより、メラノサイトが突然活動を停止し起こる。
Cこちらは、医学的にも解明されていない部分で、遺伝によって、白髪になりいやすい・なりにくいとあるようで、白髪=遺伝的なことは少なからずあるようです。
Dマラリア・貧血・甲状腺異常・胃腸疾患などの病気が原因で白髪になることもあります。
Eビタミン・ミネラル・タンパク質の不足が原因で、内臓の働きが衰え、血液の流れが悪くなることで起こる。
F最後に“ストレス”ストレスと髪の毛は、蜜に関係しているといわれています。身体にストレスを感じてしまうと、毛細血管が収縮してしまうことが原因で起こるともいわれています。
主に上記のものが原因で白髪という現象が起こるといわれていますが、病気やストレスなどは、改善することによって、症状が緩やかになりますが、遺伝や加齢などは、どうすることもできないですが、白髪染めをすることで、見た目にも分からず、気分的にもアップすると思うのでおススメします。

Copyright(c) 白髪ゼロの集い. All Rights Reserved.